行くあてなき学級通信。


時間は洋なしの形

 

時間は洋なしの形。

写真は去年の学級通信になる。去年という時間には、高校教師として教え子に学級通信なるものを書いていたが、今年という時間には、いち個人として誰に向かってでなく学級通信なるものを書いている。読む人の微笑が視れないのは残念だが、将来、どこに行くかわからぬ通信を書き続けるのも、また一興である。