かわるがわる多様。


10

さまざま

かわるがわる

飛行機に乗るまえ、どこかまだ識らぬ異国へと運んでくれるのではないかという期待感が生じる。しかし、飛行機なるものが運ぶ場所は、凡て西洋ちっくに画一化された場が多い。無論、世界凡てを旅したわけではないから、無知なのはわかっているが、特にアジアの西欧化ほど愚かなことはあるまい。その責任は確実に我が国、日本にもある。地球は常に「さまざま」であり、「かわるがわる」なのだ。地球に生まれたという因縁はそういう無常の回転に存在する。