一覧はこちら

  • image-20160918-%e6%b3%b0%e6%b0%b8%e6%9b%b8%e5%b1%95

    日伊国際交流展。

     衒いなき字というのは、かえりがなくてよい。Spontaneousにできてしまったという偶然性とそこから滲みでる事由が感じられる。  今年の泰永会は …

    ニュース
  • photo 20160903 geishya

    プノンペンの藝者。

     Jazz Club Phnom Penhなる洒落たクラブが282通り沿いにある。音楽もさることながら、ステンドグラスから壁紙に至るまで描かれている …

    ブログ
  • photo 20160729 heisei project

    しと死と進化。

    死なくして、進化なし。 このような視点は古から平成が終わろうとする今日にいたるまで時折、云われてきたことである。死の前後における進化。創造まえの毀れ …

    ブログ
  • 486524_415417791838156_1366505953_n

    人間紋様。

    進化論においての人の可笑しさは、紋様を棄てたことにつきる。孔雀までいかなくとも、動植物紋様は概して美しく、或る種の誇りさえも感じる。 ところでレプテ …

    ブログ
  • 406209_410297225683546_2058763739_n

    運と陰徳。

    陰徳の積みが運を拓くという視点が昔からある。たしかに徳と運は蜜月の関係にあり、徳が運をつらぬけば、運もまた徳をつらぬく。しかし資本主義の台頭にともな …

    ブログ